トレーニングを行わないゼファルリンだけを服用する意義

ペニスを大きくするためには、物理的にペニスに刺激を与えていくというトレーニング方法もあります。たとえば、ペニスを伸ばしたり、器具を使うといういわゆるチントレと呼ばれるトレーニングです。
身体を鍛えるというときには筋肉をつける必要があるのでトレーニングがとても効果的ではあるのですが、ペニスの場合にはちょっと異なります。ペニスを大きくしたり固くさせているのは筋肉ではなく血液が関係しているのです。ですから、その他の部位の筋肉を肥大化させるトレーニングよりも血液を多く通わせる状態にすることが大切なポイントだと言えます。

ゼファルリンの効果はペニスをトレーニングするということではなく、L-シトルリンなどの成分の作用によって血液量を増やしたり血行を促進させていき十分にペニスに血液を充満させられるようにしていくのです。
もちろん、トレーニングによってペニスを増大させるという効果を期待して続けている方もいらっしゃるかと思いますが、そういったトレーニングと併せてゼファルリンを服用するのも全く問題はありません。違ったアプローチを組み合わせていくことによって、相乗効果が生まれてよりペニスの増大へとつながることも考えられます。

たとえば身長が低いということでコンプレックスを感じている方ならば成長期が終わればそこでもう伸びはストップしてしまいます。しかしペニスはそうではなく、しっかりと血液を送ってあげれば20代を過ぎても大きくなることもあるのです。

1日の中でできるだけ勃起時間をつくる

なるべく勃起をしている時間が長いほうが良いです。射精をしないように勃起時間だけ長く保つようにしましょう。
とはいえ仕事や学校など普段の生活のなかで常に勃起をしている状況は難しいので、帰宅してから1時間とか勃起するようにすることがトレーニングとなります。

各人が自分で長続きできるようなトレーニングを行っていく事がよいと思います。
出来る事、出来ない事などがありますので。